fc2ブログ

靴を買う苦痛

_C3V0757.jpg

_C3V0754.jpg

_C3V0799.jpg

普段見る機会もない気嵐があまりにも美しくて、波打ち際にカメラを置いて撮影しようと浜辺に降りていたら、おじいちゃんに注意されました。命を粗末にしたらダメだみたいな感じで。え、そんなに耄碌してないですけど?まぁ無視するのも大人げないので言うことを聞いて遊歩道に戻った訳ですが、素直に戻った自分のチキン具合に、若干忸怩たる思いを感じました。うるせぇよジジィ!って怒鳴り返すヤングブラッド、いつ失ったんだろうって。でもちょっと考えて、あれ自殺志願者に思われたのかな?と気づきました。アホか!ワシは108歳まで生きるんや!

雪の歩き方が分かりません。ぱっと見て轍が出来てる場所が安全そうなのですが、踏まれてない雪の中を歩く方が滑らないような気がしました。人生滑って滑り倒しているぼくとしては、今さら雪で滑ってもどーってことないんですけど、先日の転倒で痛めた足が完治してないのですよ。そして足を庇って連日無理な姿勢で歩いているので、尻とか腰とかふくらはぎの筋肉痛も癒えてない。なので旅先で転倒はご法度なのです。武家諸法度。御成敗式目。色即是空。

そういう訳で雪の中をスニーカーで歩くわけですから、もうぐちょぐちょです。感じやすい女か!ってツッコミも空しい濡れ具合。ソックスまで染み込んで指先が痛いくらい冷たいのです。装備を誤った感じですわ。なぜブーツで来なかった?もう靴を買うしかない。ソックスを買うしかない。そう思うのですが、このびちょびちょニューバランスで靴屋に行くのも恥ずかしい。でも一時の恥ですから、とにかく富山に出て靴を買うことにしました。この時間帯で靴屋が開いているとは思えないので、まずは本日の第二目的地、越中宮崎に行ってから雪をものともしないお靴購入作戦です。無職なのに何やってんのかな?


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



ONDC

大阪NKDS童貞クラブ

大阪の街とスナップ写真を愛する写真家集団。馴れ合いは好きだけど、基本的に馴れ合わない(馴れ合えない)ストイックな集団。入退会自由。意思表示として、このバナーを自分のブログやサイトに貼り付けるだけです。NKDSにも童貞にも深い意味はありませんが、そこに意味を求めたいロマンティックウォーリアーズです。

Facebook
プロフィール

まめ

Author:まめ
大袈裟に言えば、その刹那、僕の琴線に触れたものを、好きなカメラで撮ります。

誰のためでもなく、自分のためでもなく、ただ事実を残したいだけです。

写真は唯一の趣味かもしれません。

できれば、ずっと続けていきたいですが、飽きっぽいので、どうなるか分かりません。

ド素人の癖に、新車2台分くらいは、機材にお金をかけたので、もうちょっと楽しみたいです。

カメラのことは、よく分かりません。

コントラストの効いた写真が好きです。


使用機材

Ricoh GR DIGITAL I,II&III

OLYMPUS PEN E-P1
OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII
OLYMPUS OM-D E-M5 MarkIII

Panasonic LUMIX GM1

Canon EOS 1Dx MarkII
Canon EOS 1Dx
Canon EOS 1D MarkIV
Canon EOS 1D MarkIII
Canon EOS 5D MarkIII
Canon EOS 5D MarkII
Canon EOS 7D
Canon EOS 40D
Canon EOS 20D

Fuji S5pro

Canon

EF24mm F1.4L USM
EF50mm F1.2L USM
EF85mm F1.2L II USM
EF100mm F2.8L macro IS USM
EF135mm F2L USM
EF200mm F2.8L II USM
EF14-40mm F4L USM
EF24-105mm F4L IS USM
EF70-200mm F4L USM
EE70-300mm F4-5.6L IS USM

Sigma

30mm F1.4 EX DC /HSM
18-200mm F3.5-6.3 DC
MACRO 50mm F2.8 EX DG
15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM

30mm F1.4 EX DC /HSM
(mount nikon for Fuji S5pro)


当ブログは、リンクフリーです。貼る(張る?)のも外すのも、ご自由に。連絡は不要です。「はてなブックマーク」を利用しているので、申し訳ありませんが、相互リンクはお断ります。

リンク
このブログをリンクに追加する