fc2ブログ

目の前にカミナリ落ちた



昨日は雷が凄かった大阪です。プライムビデオでYESTERDAYって映画見てたら、急に風雨が酷くなって、さらに雷のサービスついた感じ?稲光が凄いので写真撮ってみるかーって準備したんだけど、レリーズが見当たらない。まぁセルフタイマーで運が良ければ撮れるかなーってベランダに三脚出した瞬間、目の前に落雷しました。一直線に稲妻が空から落ちて来た。自分の立ってる場所より低いところにカミナリ落ちるのを見るって初めてだったよ。連邦の新兵器です!って兵どもが騒いでた。

稲を妊娠させる(=実らせる)から稲妻って言うんだぜ?知ってた?嘘だけど。ご存知の通りウチ最上階で、真上に避雷針が立ってるのよね。これに落ちたら結構厳しいショックなので撮影は早々に諦めた。見てるだけで三回ご近所に落雷したよ。発泡酒飲みながら眺める雷って、ちょっといい感じだったけどね。やっぱ芥川を思い出すよ。伊勢物語。あれ悲しいよねぇ。「『あなや』と言ひけれど、神鳴るさわぎに、え聞かざりけり」ってとこ、悲しいというより辛い。甘々と稲妻の方が好きかも。そうでもないかも。そうでもないな。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



--------------< キ リ ト リ >--------------

OSAKA candid 16、発売を開始しました。



2020年7月から12月までの記録です。ブログや「Ziri貧王子と赤貧騎士団」でもお伝えした通り、6月末をもって無職になったオッサンが、再就職もせずに手持ちの現金だけで生き延びる記録です。半年間、生産的な活動は一切せずに、ゲームとアニメとラノベだけで生活した「もう生きてることじたいを謝れよ!」的な毎日を、代り映えしない写真とキレのないテキストで切り取りました!

--------------< キ ン タ マ >--------------

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



ONDC

大阪NKDS童貞クラブ

大阪の街とスナップ写真を愛する写真家集団。馴れ合いは好きだけど、基本的に馴れ合わない(馴れ合えない)ストイックな集団。入退会自由。意思表示として、このバナーを自分のブログやサイトに貼り付けるだけです。NKDSにも童貞にも深い意味はありませんが、そこに意味を求めたいロマンティックウォーリアーズです。

Facebook
プロフィール

まめ

Author:まめ
大袈裟に言えば、その刹那、僕の琴線に触れたものを、好きなカメラで撮ります。

誰のためでもなく、自分のためでもなく、ただ事実を残したいだけです。

写真は唯一の趣味かもしれません。

できれば、ずっと続けていきたいですが、飽きっぽいので、どうなるか分かりません。

ド素人の癖に、新車2台分くらいは、機材にお金をかけたので、もうちょっと楽しみたいです。

カメラのことは、よく分かりません。

コントラストの効いた写真が好きです。


使用機材

Ricoh GR DIGITAL I,II&III

OLYMPUS PEN E-P1
OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII
OLYMPUS OM-D E-M5 MarkIII

Panasonic LUMIX GM1

Canon EOS 1Dx MarkII
Canon EOS 1Dx
Canon EOS 1D MarkIV
Canon EOS 1D MarkIII
Canon EOS 5D MarkIII
Canon EOS 5D MarkII
Canon EOS 7D
Canon EOS 40D
Canon EOS 20D

Fuji S5pro

Canon

EF24mm F1.4L USM
EF50mm F1.2L USM
EF85mm F1.2L II USM
EF100mm F2.8L macro IS USM
EF135mm F2L USM
EF200mm F2.8L II USM
EF14-40mm F4L USM
EF24-105mm F4L IS USM
EF70-200mm F4L USM
EE70-300mm F4-5.6L IS USM

Sigma

30mm F1.4 EX DC /HSM
18-200mm F3.5-6.3 DC
MACRO 50mm F2.8 EX DG
15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM

30mm F1.4 EX DC /HSM
(mount nikon for Fuji S5pro)


当ブログは、リンクフリーです。貼る(張る?)のも外すのも、ご自由に。連絡は不要です。「はてなブックマーク」を利用しているので、申し訳ありませんが、相互リンクはお断ります。

リンク
このブログをリンクに追加する