fc2ブログ

雪空の虹

_1030257.jpg

脱出できません!(劇場版パトレイバー2的挨拶)

昨日退院予定でしたが、まだ病床です。あの蔦の葉が全部落ちた時、ぼくも死ぬんだ。でも見える限り蔦ないね。じゃあの桜の木にしようか。あの桜の木が枯れた時、ぼくの性欲も枯れます!樹齢200年!今日はバンドの忘年会、明日は馴染みの居酒屋の忘年会なのに。今回は単なる検査入院で短期だと聞いていたので、MacもPS VITAもアンビリカルケーブルを持ってきていません。VITAはもう電池切れです。まぁVITAはUSBで充電できるので、下のコンビニに行けば買えるんでしょうけど、Macは切れたら終わりです。

これ書いて良いのか分からないけど、この病院でコロナ出たんですよ。退院した入院患者が感染して、同室だった患者と職員検査したら、患者も職員も陽性だったらしいです。なので無意味に無駄に職員ピリピリしてる。なんとなく5分だけなら大丈夫だった面会も完全アウト。Macのケーブル持ってきてもらうこともできません。

入院してても特に何か治療が行われる訳でもないので、帰っていいかと訊いたら、帰っても一人なんでしょ?って言われました。だから何なんだよー!一人でも自宅なら色んなコトが出来るっちゅーねん!中年!?

お昼過ぎ、検査から帰ってきたら、窓の外に虹がありました。なかなか立派な虹でした。ちょっとだけ吹雪いてたからね。雪とみぞれまじりの虹。良いものが見えた。カメラが手元にないのが残念だけど、レンズじゃなくて自分の目で見て、メモリーではなく記憶に残せた方が素敵な虹だった。こんな景色を一緒に眺めたい人がいる。でももう無理だ。素敵な光景の前に立つたびに、かつて隣にいた人を思い出す。そういう後悔を残りの人生続けて行くんだろうか?それもまぁ悪くない。

そんな風に虹が消えていくのを眺めていると、きみからLineが届いた。虹が見えたよ、と。送られてきた写真は、ぼくの家からの眺めだ。一通り大掃除は終わっているけれど、洗面台だけまだだったので、そこをお願いしていた。洗面台の物を置くスペースには、ぼくの整髪料や化粧水が少しあるだけで、あとは全部彼女のものが並んでいる状況なので、別に悪くはないだろう。

数分後、洗面所綺麗になったよ!と写真が送られてきた直後、仕事部屋の床に丁寧に並べられたエロゲームの箱の写真が送られてきた。コメントなしで。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



マヨネーズ哀歌



プロの貧乏エッセイストである田口健三の文章で頻繁に出てくるのがマヨネーズだ。「本当に食べるものがない時は、マヨネーズで飢えをしのぐ。九十年代、町のパン屋さんではパンの耳を店先で配っていた。どうぞご自由にお持ち帰りくださいと。ありがたく頂戴したパンの耳にマヨネーズを塗ったものが、当時の僕の主食だった。世知辛い令和になってからは、もう耳を配るパン屋もない。今となってはパンの耳なしで、マヨネーズを吸うしかないのだ。直接口を付けると腐るので、腕に出してから舐める。還暦もとっくに過ぎ、古稀が見えてきた老人が、独り腕に垂らしたマヨネーズを吸う光景は、悪魔の悲哀よりもむしろ神の慈愛に満ちているように思えるから不思議だ。いつのまにか皺だらけになった自分の腕も愛おしい」(四畳半レコンキスタ・民明書房より)

田口健三の文章を読んでいると、彼の食卓には一切の「おかず」が出てこない。赤貧の家庭に育った幼少期の頃から、まったくだ。いつも白米に醤油やソース、味噌をかけて食べていたらしい。小学校に入って初めて給食を食べた時、数種類の副食があって何から食べて良いのか迷ったと書いてあったほどだ。貧乏から抜け出したいと努力して大学を出て、貧困をなくしたいと国会議員になった兄や、建設会社を興して大成功した弟たちも、金持ちになった今でもたくさんのおかずには戸惑うらしい。そんな兄弟が子供の頃にご馳走だと思っていたのが、マヨネーズだ。炊き立てのご飯にマヨネーズを載せて食べるのが、何よりの贅沢だったと、田口健三はあらゆる作品で書いている。吉本よしすけが評論の中で田口健三をマヨネーズ作家と揶揄していたが、それはむしろ称号だとぼくは思う。

ぼくはマヨネーズ+ご飯の組み合わせが苦手なので兄弟の喜び具合は理解できないが、田口健三のエッセイを読んでからは、時々マヨネーズを舐める。それも腕に垂らしてから。ショットグラスのバーボンを舐めながら、ちょっとアテが欲しいなって思った時とか。そんな時、いつも田口健三の貧しいけれど惨めではない、いや惨めに見せない暮らしが浮かんでくる。ぼくも貧乏の後輩としてかくありたいと。

って田口健三って誰!?あと吉本よしすけって誰!?(見取り図風に)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カレー、餅、セーラームーン

PC280491.jpg

久々に昭和の文学作品を読んでたら「ライスカレー」って表記がありました。倉本聰ではありません。最近聞かないね、ライスカレーって言い方。最後に耳にしたのはケロロ軍曹かもしれない。「困った時のライスカレー。カレーが不味い店は何食っても不味い」ってやつ。あれももう平成の話だ。ンだ。カレーって家で食べるものでしたよね?その発想が既に昭和なのかしら?夜中に腹減って夕食の残りのカレーを食べるのが好きでした。冷たいご飯に温めたカレーをかけるよりも、温かいご飯に冷え切って固まったようなカレー載せるのが好きなタイプ。ご飯の熱でカレーがほどけていくのが良かった。学生の頃は炊飯器で冷たくなってるご飯に、カレーぶっかけて食べてたっけ。もう何年も手作りカレーなんて食べてねぇな。ぼくにとってのカレーは、ココイチか福島上等か牛丼屋で食べるもんになってるもんなー。

餅にカレーかけて食べたいと唐突に思いました。何だそのジャンクフード?餅は前妻がホームベーカリーで作ってくれましたが、今となっては食すことすら困難です。しゃぶしゃぶ用の餅をインスタントの味噌汁やカップ麺に入れて食うくらいです。出来立ての餅は美味いですけどねぇ。売ってるカチカチになってる餅ってどうやって焼くのですか?一応ガスコンロはあるんですけど、少なくとも6年間は一回も使ってないので、ガス漏れとかおっかなくて使えないんですよ。ググったらトースターでオッケーみたいですね。トースター買うか。アマゾンで買うか。それくらいのギフト券はあるんですよ。冷蔵庫買うほどは貯まってませんけど。

月で餅をつくのはウサギですけど、ぼくは嘘をつきます。むしろ月にかわっておしごきよ!ってシゴかれたい(エロい意味で)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ONDC

大阪NKDS童貞クラブ

大阪の街とスナップ写真を愛する写真家集団。馴れ合いは好きだけど、基本的に馴れ合わない(馴れ合えない)ストイックな集団。入退会自由。意思表示として、このバナーを自分のブログやサイトに貼り付けるだけです。NKDSにも童貞にも深い意味はありませんが、そこに意味を求めたいロマンティックウォーリアーズです。

Facebook
プロフィール

まめ

Author:まめ
大袈裟に言えば、その刹那、僕の琴線に触れたものを、好きなカメラで撮ります。

誰のためでもなく、自分のためでもなく、ただ事実を残したいだけです。

写真は唯一の趣味かもしれません。

できれば、ずっと続けていきたいですが、飽きっぽいので、どうなるか分かりません。

ド素人の癖に、新車2台分くらいは、機材にお金をかけたので、もうちょっと楽しみたいです。

カメラのことは、よく分かりません。

コントラストの効いた写真が好きです。


使用機材

Ricoh GR DIGITAL I,II&III

OLYMPUS PEN E-P1
OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII
OLYMPUS OM-D E-M5 MarkIII

Panasonic LUMIX GM1

Canon EOS 1Dx MarkII
Canon EOS 1Dx
Canon EOS 1D MarkIV
Canon EOS 1D MarkIII
Canon EOS 5D MarkIII
Canon EOS 5D MarkII
Canon EOS 7D
Canon EOS 40D
Canon EOS 20D

Fuji S5pro

Canon

EF24mm F1.4L USM
EF50mm F1.2L USM
EF85mm F1.2L II USM
EF100mm F2.8L macro IS USM
EF135mm F2L USM
EF200mm F2.8L II USM
EF14-40mm F4L USM
EF24-105mm F4L IS USM
EF70-200mm F4L USM
EE70-300mm F4-5.6L IS USM

Sigma

30mm F1.4 EX DC /HSM
18-200mm F3.5-6.3 DC
MACRO 50mm F2.8 EX DG
15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM

30mm F1.4 EX DC /HSM
(mount nikon for Fuji S5pro)


当ブログは、リンクフリーです。貼る(張る?)のも外すのも、ご自由に。連絡は不要です。「はてなブックマーク」を利用しているので、申し訳ありませんが、相互リンクはお断ります。

リンク
このブログをリンクに追加する