fc2ブログ

旅慣れてるというより、旅ナメてる2

_C3V0854.jpg

_C3V0846.jpg

_C3V0851.jpg

乗ったと同時に発車した富山発猪谷行きの始発列車。ホテルに忘れ物して引き返したのでぎりぎりで焦った。今回の行程は一本でも遅れたらアウト。マジでギリギリchop。始発なのに降りてくる人が何人かいたのが不思議だったけど気にしない。四人掛けのボックス席をおひとり様で占領し、何も見えない窓の外を眺めつつ、夜食に買ったけど食べなかったコンビニのお握りを食べた。梅味。お茶が冷たくて少し悲しかった。

最初に止まった駅で、運転士さんがやってきた。ワンマンだから車掌さんいないのね。「どこまで行かれますか?」って訊かれた。何でそんなこと教えなアカンのやボケ!どこまで行こうが俺の勝手やろ!?とキレる訳もなく、高山から特急に乗り換えて、とりあえず美濃太田まで行きます!と元気に応えました。したら運転士さん、申し訳なさそうに「雪のせいで猪谷で連絡している列車は運休です。復旧は未定で3時間後の次の列車も運休決定してます。富山に帰るならここで降りて引き返してください」とおっしゃいました。この時点でマスオブ岐阜はダメになりました。アイゴー。旅行開始10分で敗退。ホテルで一泊して4時に起きたのに、敗退。もう飛騨高山か下呂温泉でまったりするか。とりあえず猪谷まで行きますと言うと「猪谷には何もありません、本当に何もありません。大丈夫ですか?」と念を押される始末。何もないつっても日本国富山県の富山市なんでしょ?駅前でコーヒーくらい飲めるだろうし、最悪コンビニのコーヒーでもいいので、力強く「行きます!」と応えると、可哀想な人を見る目で「分かりました」と言われちゃいました。ああ、始発なのに降りる人がいたのは、これが原因なのね。

そして到着する夜明け前の終点猪谷。昨日一昨日と見てきた雪とは明らかにレベルが違う積雪量。ああ、これ面白半分で来たらダメなとこや!と今さら気づく。駅としては大きな感じなんだけど、どう見ても無人駅。列車はめっちゃ止まってるし、いくつかの編成はエンジンがかかっている。でも車内は真っ暗で動く気配はゼロ。降りたのは明らかに旅行者の男性二人とぼくの三人のみ。一人はコンデジで構内を撮りながらさっさと改札を出るが、もう一人はホームに残って写真を撮っている。お互いキヤノンの同じプロ機材を持ってて、なんとなく半笑いで会釈。向こうは70-200mmを付けてるので撮りテツなのかしら?こっちは24-105mmで、カメラ向けてるものも明らかに違うんだけど、なんとなく連帯感(笑)高山方向は駅を出るとすぐにトンネルなのだが、明らかに塞がれている感じ?なんかちょっと怖いんですけど。きさらぎ駅系の怖さ?撮りテツ氏がトンネルを撮ってたので、あれ何ですか?と訊くとナントカ鉄道の廃線跡だと教えてくれた。不勉強ですまんの。

とにかく寒い。もう贅沢は言わん。コンビニのコーヒーでも良いから、飲みたいぜ!と、ぼくは改札を出た。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



旅慣れてるというより、旅ナメてる1

_C3V0842.jpg

待望の靴を買って足元の不安を払拭。靴底ギザギザのブーツは本当に安心。ごっつい革は雪も水もへっちゃら。CHA-LA HEAD-CHA-LAだ。明らかに無駄な出費だと分かってはいるけれど、もう濡れた足で過ごすのは嫌だ。足元をすくわれるのも、比喩表現だけでいい。まったく役立たずだったスニーカーはもったいないが荷物になるので靴屋さんで処分してもらった。さよなら、ニューバランス。短い付き合いだったな。てか短すぎるだろ?まだ3回くらいしか履いてないのに!その後マスオブ富山の称号を獲得した祝杯をあげる。富山湾の海の幸を中心に、美味しい肴で熱燗をいただいた。寒すぎてビールはナシで熱燗からスタート。昼間っから地酒を5合も飲んだら、もう帰る気分が失せた。なので富山駅近くのホテルを取る。こういう時、無職って最高だよねぇ。予定がないから帰る必要もないんだもの。待ってる人もいないんだもの!

大阪スタートだと日帰りでマスターオブ岐阜の称号は取れないけれど、富山スタートだと取れることは調査済み。高山線の始発で南下して普通と特急を乗り継いで美濃太田に行けば、終電で帰宅できるし別に泊まってもいい。というわけで明日はマスオブ岐阜の旅に出るのだ。さっさとチェックインしてふやけるほど風呂に入ってビール飲んで就寝。明日は真冬並みの寒さになるでしょうって天気予報は言ってるけど、もう充分真冬だろ?

ホテヘルも呼ばず早めに床に入ったのだが、ずっと夢を見ていて、まったく熟睡できず。全部見事にナイトメア。時々はっと目覚めて、ああ夢かと安堵するけど、その度に追い詰められてるの?と自問自答しちゃう。全然寝た気がせずに午前4時に起き上がり風呂に入る。景気づけに湯舟で小便してやろうかとか思うくらいのダメ具合。雪が積もるなんて天気予報では言ってたけど、ホテルの窓から見下ろすと新雪はナッシング。あんまり脅すんじゃねぇよ!と毒づきつつも、気を引き締めて駅に向かい、ギリギリのタイミングで始発列車に飛び乗った。

さぁ、新しい旅の始まりだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

+ Read More

駅メモ!

_C3V0835.jpg

_C3V0829.jpg

_C3V0839.jpg

toyama.jpg

5年以上遊んでいるソシャゲ「駅メモ!」なんですけど、これ基本的に無課金でも楽しめるんですよ。ヒカキンじゃねぇよ、無課金だよ!まぁ毎月500円は支払った方が面白いけどね。500円支払うと、一ヶ月は何回でも遊べますからね。無課金だと一日12回ですよ。12回って家でじっとしててかつぼくレベルになると、全然余っちゃう回数なんですけどね。でも課金した方がサービスの延命に繋がるんですよ。もっともっと遊びたいので、ゲームを愛しているなら課金は必至です。無収入なので500円が限界なんですけどね。明らかに500円どころじゃないですけどね。

ただこのゲームは、システム以外に致命的にカネがかかるのですよ。確かに無課金でも遊べるんですけど、遊ぶためには交通費というとんでもない課金が必要なんです。陣取りゲームみたいなもんなんで、実際に移動しないとダメなんです。「駅メモ!」なんで移動は鉄道です。乗車券、特急券、北陸東北の新幹線ならグランクラスに乗りたいし、遠征先では美味しいモノを飲み食いしたい、もちろん宿泊費も要りますし、ホテヘル呼ぶならその資金も欠かせません!旅の恥は搔き捨て!

何を言ってんの?

という訳で今年2月に痛恨のミスで逃したマスターオブ富山、取りました。取るつもりもなかったけど、色々あって取りました。おめでとう!ありがとう!富山に戻って靴を買って、祝杯をあげることにしました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


+ Read More

ONDC

大阪NKDS童貞クラブ

大阪の街とスナップ写真を愛する写真家集団。馴れ合いは好きだけど、基本的に馴れ合わない(馴れ合えない)ストイックな集団。入退会自由。意思表示として、このバナーを自分のブログやサイトに貼り付けるだけです。NKDSにも童貞にも深い意味はありませんが、そこに意味を求めたいロマンティックウォーリアーズです。

Facebook
プロフィール

まめ

Author:まめ
大袈裟に言えば、その刹那、僕の琴線に触れたものを、好きなカメラで撮ります。

誰のためでもなく、自分のためでもなく、ただ事実を残したいだけです。

写真は唯一の趣味かもしれません。

できれば、ずっと続けていきたいですが、飽きっぽいので、どうなるか分かりません。

ド素人の癖に、新車2台分くらいは、機材にお金をかけたので、もうちょっと楽しみたいです。

カメラのことは、よく分かりません。

コントラストの効いた写真が好きです。


使用機材

Ricoh GR DIGITAL I,II&III

OLYMPUS PEN E-P1
OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII
OLYMPUS OM-D E-M5 MarkIII

Panasonic LUMIX GM1

Canon EOS 1Dx MarkII
Canon EOS 1Dx
Canon EOS 1D MarkIV
Canon EOS 1D MarkIII
Canon EOS 5D MarkIII
Canon EOS 5D MarkII
Canon EOS 7D
Canon EOS 40D
Canon EOS 20D

Fuji S5pro

Canon

EF24mm F1.4L USM
EF50mm F1.2L USM
EF85mm F1.2L II USM
EF100mm F2.8L macro IS USM
EF135mm F2L USM
EF200mm F2.8L II USM
EF14-40mm F4L USM
EF24-105mm F4L IS USM
EF70-200mm F4L USM
EE70-300mm F4-5.6L IS USM

Sigma

30mm F1.4 EX DC /HSM
18-200mm F3.5-6.3 DC
MACRO 50mm F2.8 EX DG
15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM

30mm F1.4 EX DC /HSM
(mount nikon for Fuji S5pro)


当ブログは、リンクフリーです。貼る(張る?)のも外すのも、ご自由に。連絡は不要です。「はてなブックマーク」を利用しているので、申し訳ありませんが、相互リンクはお断ります。

リンク
このブログをリンクに追加する